1月 042014
 


東武鉄道が大宮~柏~船橋間を結ぶ野田線の愛称を「東武アーバンパークライン」と命名すると発表しました。アーバン=都会的な、パーク=公園ですので、都市公園線っていう感じの意味でしょうか。

これ…まあ、いろいろとツッコミはあるでしょうね。のどかな近郊路線である野田線を「アーバン」と呼んでいいのか問題(沿線地域性が表現されていない)、それに字面が読みづらくアンバーバー?アンバークライン?などと読み間違えてしまう問題など、なかなか脇が甘いネーミングな気もします。

地味なアーバンパークライン

関東以外の方にはわかりずらいかも知れませんが、野田線は都心部周縁を走る電車。ターミナル駅の船橋、柏、春日部、大宮等を通る重要な路線なのですが、基本は郊外の農地と住宅地を通る、何とも地味な路線です。「パーク」に関しては、沿線に大きな公園が多いとの理由での命名のようです。

▼アーバンパークライン・藤の牛島駅。By: urawa

横文字系愛称でイメージアップを狙う東武鉄道

東武鉄道は浅草から群馬へと走るメイン路線・伊勢崎線を「スカイツリーライン」、旧業平橋駅を「とうきょうスカイツリー駅」と名付けるなど、イメージアップ戦略(?)を打ち出しています。いずれ東武東上線にも横文字系の愛称が付けられるようです。

しかし、東武伊勢崎線春日部駅経由で東武野田線に乗り換える場合、「東武スカイツリーラインで春日部駅から東武アーバンパークラインに乗り換える」となるわけで、かなりカオス。

鉄道路線名に「キラキラ」は有りか?

昨今、土地の記憶を消し去る「平仮名ゆるふわゆとり地名」や、子どもに複雑怪奇な名前を付ける「キラキラネーム(旧称・DQNネーム)」などが何かと話題に上ることが多いと思います。全国で続々誕生する鉄道名称・愛称に関しても、賛否両論様々な意見があるようです。

ただし鉄道路線に関しては、公共性はありながらも基本的には営利目的のために存在しており、地名や人名の事例とは少し事情が違うとも考えられます。最終的には呼称に最低限の公共性が確保されていれば、あとは好き嫌いの問題になるのかも知れません。

次の記事では、日本全国に続々生まれている「ユルめ」な名称の鉄道名称・愛称を集めてみました。僕個人としては、表意文字である漢字の利点を生かした鉄道名のほうが風景も立ち上がるし、格好いいと思ったりもします。しかし、中には創意工夫を感じる名称も有り、こうした鉄道呼称を眺めてみると、日本の鉄道が置かれている現状が見えてくるかも知れません。

次の記事:キラキラネーム?名コピー?イメージ戦略系鉄道路線愛称10ヶを集めてみた


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA