1月 102014
 


現代の今和次郎か宮本常一か。僕が尊敬している編集者であり写真家の都築響一氏の著書をご紹介します。今回ご紹介したいのは「刑務所良品」。日本全国の刑務所で日々生産される、地味だけれど良質な製品がたくさん紹介されています。

矯正展、刑務所売店で触れる受刑者の生活の片鱗

刑務所に入ると、受刑者は何も毎日瞑想をしているわけでも拷問を受けている(そんなわけないか)わけでもありません。多くの人は「矯正」という名目で、日々何かしらの労働に従事しています。各刑務所の売店、ウェブサイト、ならびに日々全国のどこかで開催される「矯正展」という展示即売会において、製作された製品は一般の市民の元へ売られます。

確信に満ちた平凡

こうした「刑務所良品」たちは都築氏によれば、デザイナーが創り出すオリジナリティとは真逆の、「確信に満ちた平凡」があるとのこと。

「ほかとはちがうなにか」ではなく、「いちばんほかといっしょで、いちばんふつうのなにか」を、一点の疑いもなしに、全国的なスケールで、国を挙げて追求しつづけてきた存在。それが刑務所製品の作り手たちなのだろう。

この本の中では、多くの刑務所製の製品が紹介されています。箪笥、ソファ、テーブルからティッシュケース、食器、靴、割烹着まで、どれも没個性、シンプル。そこから漂うのは、おばあちゃんの家、あるいは久しぶりに実家に帰った時に感じる、あの何ともいえない「ダサいような温かいような」不思議な感覚。「確信に満ちた平凡」を追い求めた製品には、不思議な力が宿っているように感じます。

熟練の技術を要する作業は長期受刑者が

興味深いのが、熟練を要する作業内容である部門ほど、長期間の受刑者が従事しているということ。まあ当たり前と言えば当たり前なのですが、木工家具や茶器、ガラス細工など、技術習得の到達点が高い作業ほど、よりハードコアな受刑者が担当しているわけです。

中にはそうした技術習得の流れの中で、モノをつくる喜びに目覚める受刑者もいる様子。廃材の利用を考えているうちに、御神輿(お値段1,000万円超!でも市販のものより格安)を作るというアイディアが生まれるなど、荒くれ者(?)たちの心境の変化に一役買っているようです。

刑務所内の写真も多数

著書には普段見ることのできない刑務所内の作業を撮影した写真、刑務所内のランドスケープ、それに千葉、沖縄、広島、府中、岩国各刑務所の潜入ルポタージュ、お得な全国刑務所情報、矯正展情報なども折り込まれており、なんとなく「塀の中の世界」に興味がある人の入門編としてもってこいです。

関連記事
『TOKYO STYLE』都築響一はバブル崩壊の先を見ていた リアルな1人暮らし・ルームシェア部屋写真集
【90年代】20年前の若者の部屋にあって今は無いもの ラジカセ・FAX・テレビデオ・ワープロ・固定電話


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA