1月 272014
 


東京・武蔵野市の井の頭公園で、1月に池の水を抜き底面を天日干しする「かいぼり」を実施するとの発表がなされていました。池の水質改善、外来魚の駆除などが主な目的です。

※「かいぼり」実施に関する詳しい記事はこちらをご覧下さい。
井の頭公園・井の頭池で行われる「かいぼり」とは?水を抜き池底から世紀の大発見はあるのか

「魚捕りの日」実施 1メートル超ソウギョも

1月に入ってから池には何やら怪しい装置が池に設置され、いつ水抜きが始まるのかなと観察していたところ、1月25日(土)26日(日)に実施された「魚捕りの日」に合わせて一気に水が抜かれていたようです。この「魚捕りの日」では、市民ボランティアの手によりオオクチバスやコイなど3600匹が捕まえられ、中には1メートルを超えるソウギョもいたとか。

「かいぼり」は一ヶ月ほど続く予定で、底面が天日干しされゴミや外来魚が駆除された後、池は再び水で満たされます。

干潟のような井の頭の風景

以下、「魚捕りの日」翌日の朝、水が抜かれた状態の井の頭池の写真を撮りましたのでご紹介致します。

水が抜かれた井の頭池は干潟のようで、朝日が反射してとても綺麗でした。ただ、底面があらわになったせいで、周囲には少々ヘドロのニオイが…。それほどキツいニオイではありませんでしたが、しばらくは池沿いでのランチは避けた方がいいかも知れません(笑)。


▲画像1 公園中央の橋、七井橋から東側を眺める。まだ少しだけ水が残っており、氷が張っていました。スワンたちは座礁中。

▲画像2 池が終わり、神田川へと流れ出すあたり。水面下から出てきたと思われる自転車が。あちらこちらで泥まみれの自転車が浮上しており、酔っぱらいが投げ入れた疑いも?

▲画像3 こちらは七井橋から西側、弁天様、源流方面の眺め。水がないと湿地帯のような風景に見えます。遠くには作業員の姿も。

▲画像4 作業員の皆さん。恐らく水中の生物の調査、捕獲ではないかと思われます。寒い中ご苦労様です。

▲画像5 水面下から現われたと思われるガラクタ、ゴミたち。缶、ビン、ペットボトルに加え、パソコン関係の機器(外付けHD?)らしきものも見られます。ワインのボトルなどは年月によりほぼ「白骨化」しております。

▲画像6 「お茶の水」と呼ばれる湧水口付近から、池を眺める。水を抜いたばかりでまだまだ泥沼状態。池面からの風に乗ってヘドロのニオイが鼻をつきます。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA