maps

2月 172014
 

先日、大阪出張の際に二日間泊まったカプセルホテル「グランドサウナ心斎橋」についてご紹介します。「グランドサウナ心斎橋」は住所で言うと「大阪市中央区西心斎橋二丁目」。JR、地下鉄の難波駅や「アメリカ村」からもほど近く、交通至便な場所に位置します。

この日は週末であり、なおかつ関東方面が大雪だった影響もあったのか、手頃なビジネスホテルは取れずじまい。深夜まで道頓堀界隈で飲み会があったために、寝るだけと割り切っての利用でした。

カプセルは安宿として重宝。しかし騒音は…

一泊目は「カプセル」(一泊3,360円)を利用。翌日チェックアウト時に「特別割引券」を貰えるので、次回からは2,730円で宿泊出来ます。一泊3,000円を切る値段となると、お得な感じがします。

チェックインすると、1階で貴重品を預け、まずは2階のロッカーへ。ここで荷物はすべてロッカーへ預け、支給される室内着に着替えます。カプセルは同フロアにズラーッと並んでいます。(女性は1階に専用フロアがある模様)

館内の買い物はすべて購入時に部屋番号を申告するシステム。チェックアウト時に精算となるため、基本的に館内ではお金を持ち歩く必要はありません。なお、チェックアウト後の外出も可能です。

浴場は広くて充実

7階へ行けば大浴場。各種サウナやジャグジー、マッサージ(こちらは有料)などが揃います。意外に人が少なく快適。アメニティもタオル、ひげ剃り、歯ブラシ、シャンプー等が使い放題なので助かります。脱衣場には冷たい「酸素水」があり、飲み放題。

6階は食堂と休憩室。サウナのみの利用の人は、休憩室(薄暗い部屋にリクライニングチェアーが並び、テレビ見放題)で仮眠をとっていました。

悪くはないけど、ウルサイ人が多いなー

さて。カプセル自体は全国どこにでもあるカプセルであり、寝心地は問題はなかったのですが、道頓堀近くという場所柄なのか(酔っぱらい?)、イビキがウルサイ人が多い!そして朝方には、なぜかカプセルのカーテンを開けたままテレビを大音量で鑑賞するという残念な人もいて、眠りが浅い方である僕としては少々不満でした。まあ、こういうのは運もあるのでしょう。

二泊目は「個室カプセル」に変更

ということで、翌日はチェックアウト時にもらった特別割引券を片手に「個室カプセル」に宿泊してみることに。こちらは一泊4,410円で、割引券を使うと3,780円。(なお、外に出ずに連泊も出来るようですが、昼間滞在分の追加料金が発生するらしい)

フロアは5階でした。入口には扉はなくアコーディンオンカーテンとなりますが、部屋は個室で区切られており、プライバシーはまずまず。部屋にロッカーが備え付けられているので、荷物の出し入れも楽です。

▲「個室カプセル」の室内。一応デスク、コンセントもあるので仕事も出来ます。カプセルには上段、下段があるので気になる人は注意。この部屋は下段カプセルで、隣室が上段カプセルになります。


▲廊下。個室の入口はアコーディオンカーテンで鍵は無し。上に通気口なのか空白があるため、音は完全シャットアウトとはいかない。

こちらの客はガッツリ寝に入り、静か。

何より嬉しいのが、一泊目のカプセルゾーンよりも周囲の音が気にならないこと。半個室であるため音が伝わりづらいのと、わざわざ1,000円ほど上乗せしてこちらに泊まる客は、音に対して敏感である人が多いのか、お互いに気遣いし合うタイプの人が多いように思います。(一泊目のカプセルスペースは通路で大声で話をしたり、ガサツな人が多かった)

とはいえ音を完全にシャットアウトするわけではないので(深夜、酔っぱらいのイビキがウルサイ人が斜め前に入室して来て、少々気になりました)、気になる人はもう1,000円ほど出して安いビジネスホテルに泊まった方が幸せになれると思います。空室さえあれば、楽天トラベル等でそこそこ安い宿がありますし。

「個室カプセル」のメリットはそれなりのプライバシーを得ながら値段は安く、大浴場を贅沢に使ってリラックス出来ること。週末でも満室になることはまずなさそうなので、大阪で困った時の定宿として、今後も重宝しそうです。

グランドサウナ心斎橋・概要
住所:大阪市中央区西心斎橋二丁目8番12号
電話:06-6213-3870
一泊料金:サウナのみ2,100円(割引券利用で1,680円)、カプセル3,360円(割引券利用で2,730円)、個室カプセル4,410円(割引券利用で3,780円)、女性個室カプセル3,360(割引券利用で2,730円)
時間延長:チェックアウトを過ぎて1時間ごとに315円追加(宿泊の場合)


大きな地図で見る

 Posted by at  Tagged with:
1月 272014
 

東京・武蔵野市の井の頭公園で、1月に池の水を抜き底面を天日干しする「かいぼり」を実施するとの発表がなされていました。池の水質改善、外来魚の駆除などが主な目的です。

※「かいぼり」実施に関する詳しい記事はこちらをご覧下さい。
井の頭公園・井の頭池で行われる「かいぼり」とは?水を抜き池底から世紀の大発見はあるのか

「魚捕りの日」実施 1メートル超ソウギョも

1月に入ってから池には何やら怪しい装置が池に設置され、いつ水抜きが始まるのかなと観察していたところ、1月25日(土)26日(日)に実施された「魚捕りの日」に合わせて一気に水が抜かれていたようです。この「魚捕りの日」では、市民ボランティアの手によりオオクチバスやコイなど3600匹が捕まえられ、中には1メートルを超えるソウギョもいたとか。

「かいぼり」は一ヶ月ほど続く予定で、底面が天日干しされゴミや外来魚が駆除された後、池は再び水で満たされます。

干潟のような井の頭の風景

以下、「魚捕りの日」翌日の朝、水が抜かれた状態の井の頭池の写真を撮りましたのでご紹介致します。

水が抜かれた井の頭池は干潟のようで、朝日が反射してとても綺麗でした。ただ、底面があらわになったせいで、周囲には少々ヘドロのニオイが…。それほどキツいニオイではありませんでしたが、しばらくは池沿いでのランチは避けた方がいいかも知れません(笑)。


▲画像1 公園中央の橋、七井橋から東側を眺める。まだ少しだけ水が残っており、氷が張っていました。スワンたちは座礁中。

▲画像2 池が終わり、神田川へと流れ出すあたり。水面下から出てきたと思われる自転車が。あちらこちらで泥まみれの自転車が浮上しており、酔っぱらいが投げ入れた疑いも?

▲画像3 こちらは七井橋から西側、弁天様、源流方面の眺め。水がないと湿地帯のような風景に見えます。遠くには作業員の姿も。

▲画像4 作業員の皆さん。恐らく水中の生物の調査、捕獲ではないかと思われます。寒い中ご苦労様です。

▲画像5 水面下から現われたと思われるガラクタ、ゴミたち。缶、ビン、ペットボトルに加え、パソコン関係の機器(外付けHD?)らしきものも見られます。ワインのボトルなどは年月によりほぼ「白骨化」しております。

▲画像6 「お茶の水」と呼ばれる湧水口付近から、池を眺める。水を抜いたばかりでまだまだ泥沼状態。池面からの風に乗ってヘドロのニオイが鼻をつきます。

1月 102014
 

現代の今和次郎か宮本常一か。僕が尊敬している編集者であり写真家の都築響一氏の著書をご紹介します。今回ご紹介したいのは「刑務所良品」。日本全国の刑務所で日々生産される、地味だけれど良質な製品がたくさん紹介されています。

矯正展、刑務所売店で触れる受刑者の生活の片鱗

刑務所に入ると、受刑者は何も毎日瞑想をしているわけでも拷問を受けている(そんなわけないか)わけでもありません。多くの人は「矯正」という名目で、日々何かしらの労働に従事しています。各刑務所の売店、ウェブサイト、ならびに日々全国のどこかで開催される「矯正展」という展示即売会において、製作された製品は一般の市民の元へ売られます。

確信に満ちた平凡

こうした「刑務所良品」たちは都築氏によれば、デザイナーが創り出すオリジナリティとは真逆の、「確信に満ちた平凡」があるとのこと。

「ほかとはちがうなにか」ではなく、「いちばんほかといっしょで、いちばんふつうのなにか」を、一点の疑いもなしに、全国的なスケールで、国を挙げて追求しつづけてきた存在。それが刑務所製品の作り手たちなのだろう。

この本の中では、多くの刑務所製の製品が紹介されています。箪笥、ソファ、テーブルからティッシュケース、食器、靴、割烹着まで、どれも没個性、シンプル。そこから漂うのは、おばあちゃんの家、あるいは久しぶりに実家に帰った時に感じる、あの何ともいえない「ダサいような温かいような」不思議な感覚。「確信に満ちた平凡」を追い求めた製品には、不思議な力が宿っているように感じます。

熟練の技術を要する作業は長期受刑者が

興味深いのが、熟練を要する作業内容である部門ほど、長期間の受刑者が従事しているということ。まあ当たり前と言えば当たり前なのですが、木工家具や茶器、ガラス細工など、技術習得の到達点が高い作業ほど、よりハードコアな受刑者が担当しているわけです。

中にはそうした技術習得の流れの中で、モノをつくる喜びに目覚める受刑者もいる様子。廃材の利用を考えているうちに、御神輿(お値段1,000万円超!でも市販のものより格安)を作るというアイディアが生まれるなど、荒くれ者(?)たちの心境の変化に一役買っているようです。

刑務所内の写真も多数

著書には普段見ることのできない刑務所内の作業を撮影した写真、刑務所内のランドスケープ、それに千葉、沖縄、広島、府中、岩国各刑務所の潜入ルポタージュ、お得な全国刑務所情報、矯正展情報なども折り込まれており、なんとなく「塀の中の世界」に興味がある人の入門編としてもってこいです。

関連記事
『TOKYO STYLE』都築響一はバブル崩壊の先を見ていた リアルな1人暮らし・ルームシェア部屋写真集
【90年代】20年前の若者の部屋にあって今は無いもの ラジカセ・FAX・テレビデオ・ワープロ・固定電話