8月 232013
 

そうだチョンキンへ行こう。

日本でいえば東京・中野ブロードウェー、上野アメ横。あるいは大阪・ミナミの新世界あたり。混沌として、ワケのわからない人やモノに溢れている、そんな雑踏をそぞろ歩くのが好きな人も多いと思います。残念ながら我が日本では町は清潔、整理の方向へ向かっていて、猥雑な空間は減り続けています。で、そんな憧憬を求めて、東南アジアあたりにフラーッと旅に出てしまうわけです。
香港の街並み 雑居ビル
▲麗しの香港。迫り来る生活感に萌えであります。

バンコク、ホーチミン、プノンペン、台北…アジアの大都市には必ず大きな市場があって、歩いているだけで脳汁が溢れ出そうな、活気溢れる商業空間があります。そんなカオス空間ラインナップの中でひと際、異彩を放つカオス空間。それが香港の重慶大厦(チョンキン・マンション)です。

重慶マンションは一言で言ってしまえば「雑居ビル」。しかし、ただの雑居ビルではなく、イカれた巨大雑居ビルです。一階、二階あたりは両替商、インドカレー屋、怪しい雑貨商などが軒を連ねています。上層階はバックパッカー、世界の商人向けのゲストハウスになっており、世界中からやってきた人々が寝泊まりをしています。沢木耕太郎が名著「深夜特急」の旅のスタートで、アジアにどっぷりとハマってしまったのも、この重慶マンションの安宿に出会ったから。現在、なんと世界120カ国以上の国籍の人々が滞在、居住しているというから、世界的に見ても珍しい物件だということがわかります。
重慶マンション全景
▲重慶マンションの威容。ゴゴゴゴっと内部で良からぬことが起こっていそう

とはいえ、それほど危険ではない

かつて、重慶マンションといえば「汚い」「危険」といったイメージが付いて回り、お金のないバックパッカーたちや怪しい売人の巣窟といったイメージがありました。90年代の名作映画、ウォン・カーウァイ監督作「恋する惑星」(原題:重慶森林 Chungking Express)の舞台となったことなどから、香港に行ったことがない人にも「ヤバい場所」として知られていました。

しかし、ちょうど「恋する惑星」がヒットしていた前後、香港政府が重慶マンションの「大改造計画」を実施します。電力供給網の整備、犯罪の取り締まりなどを徹底強化、各ゲストハウスに火災報知器設置が義務化されたほか、350台の監視カメラの映像をモニターで常時チェックする、などなど。これによりかつて頻繁にあったボヤ騒ぎ、治安の心配が大幅に減りました。

1996年に放送されたテレビドラマ版「深夜特急」では、重慶マンションの薄暗い安宿(「快楽招待所=Happy Guest House」が撮影に使われた)が登場しましたが、現在の重慶マンションのゲストハウスは拍子抜けするほど広く、キレイな部屋ばかりになっているようです。その分、かつてより値段がかなりお高くなっていますが。

古きものが次々に消える香港

重慶マンション内部散策
▲チョンキン内部空間。多国籍都市すぎて興奮します。

魔窟「九龍城」が取り壊され、その後も近現代に建てられた集合住宅など、かつての香港の象徴とも言える雑然とした町並みが次々に姿を消している香港。少し郊外へ行けば、超高層マンションが林立し、整然とした町並みが見られます。

そんな中で、重慶マンションの内部は相変わらず猥雑で、どこか遠くの異国へ来てしまった感、かつての沢木耕太郎が感じたであろう旅の高揚感を味わえる貴重な場所です。

巨大雑居ビルなので深入りすると火災や犯罪が心配、という人も多いと思われます。とりあえずフラーッとビルに入り、両替所でエクスチェンジでも軽くしてみて(レートは悪くない)、1,2階のインド人たちを見るだけでも、十分に楽しめます。ついでにカレーなんか食べたり。場所は繁華街・尖沙咀(チムサーチョイ)の通り沿いにあってアクセス至便。

関連記事
大人のためのちょっとマニアックな東京観光案内・過去の散歩関連記事まとめ
バンコク週末のお楽しみ お土産は巨大市場チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットで
東京でアジア食材を探すならココ アメ横センタービル地下・エスニック食品街でプチ海外旅行気分
東京で異文化を感じる外国人街、7つ
NYでも人気らしいイスラムのお食事、ハラルフードって何?
ハラルフードなら新大久保「イスラム横丁」で 小さなモスクもある外国人の街

8月 022013
 

宮本常一「旅の手帖~庶民の世界」(八坂書房)より。明治初期の漁師の、なんだかとても自由奔放な冒険をご紹介。僕も新潟の漁民の末裔なので、思わず胸が熱くなりました。

宮本常一は1907年生まれの民族学者で、戦前から戦後高度成長期にかけて、日本各地をフィールドワークし続けました。彼によって残された膨大な資料は、歴史には登場しない名もなき庶民たちの、貴重な生活の記録です。

6月 122013
 

東京に来たらディズニーランドに行ってスカイツリー登って…。定番の観光地も楽しいのですが、東京には他にもガイドブックに載らないような楽しい場所がたくさんあります。ジャンルはバラバラですが、拙ブログの記事から「大人のためのちょっとマニアックな東京」を集めてまとめてみました。
住みたい街no1吉祥寺・ハモニカ横丁
▲住みたい街No.1吉祥寺の「ハモニカ横丁」。若者向けの飲食店がたくさん。

■お得な切符・無料スポット

▼東京を効率的に回るには、フリー切符がお得です。
東京一日観光はフリー切符がお得
東京のお得なフリー切符・JR「都区内パス」活用法 ディズニーランドや横浜へのお出かけにも

▼都内77の美術館・博物館・動物園のお得なパスも発売されています。
2ヶ月有効「ぐるっとパス」はお得 無料、割引で都内の美術館・博物館・動物園に入場できるチケット集

▼東京には無料で楽しめる場所が意外にたくさん。タダで楽しんじゃいましょう。
東京のおでかけ、無料スポットを楽しむならここ! 案内本『FREE TOKYO』オススメです

■レトロで昭和な東京

▼東京に残る横丁。「東京は冷たい」なんていわれますが、行くところに行けばちゃんと優しいんです。
東京の代表的な横丁をまとめてみた①東京都心・東東京編 思い出横丁/ゴールデン街/有楽町ガード下
東京の代表的な横丁をまとめてみた②南・北・西東京編 ハモニカ横丁/下北沢駅前食品市場など

▼京成線の立石駅付近は東京の下町居酒屋の聖地。安くて美味しい店がたくさんあります。
そうだ、立石へ行こう。下町の首都でせんべろ体験 イベント「立ち呑みの日」も開催

▼観光地・浅草の地下に残るディープ空間。
レトロでディープな浅草地下商店街は戦後東京の文化遺産 観光のついでに面白空間を体験しよう

▼同じく浅草の「神谷バー」。大正、昭和の古き良き東京の雰囲気が残ります。
初デートは浅草の神谷バーで電気ブラン(だったらしい) 東京の東側が賑やかだった頃の残り香

▼テレビドラマ「孤独のグルメ」でお馴染みの原作者、久住昌之氏が絶賛する三鷹の庶民食堂。
昭和の正しき大衆食堂 三鷹いしはら食堂

■多国籍都市・東京

新大久保イスラム横丁
▲新大久保・イスラム横丁では各国の食材がたくさん。

▼新大久保のコリアンタウン、池袋の華僑街(中国)などが有名ですが、他にもミャンマー人やフランス人などが肩を寄せ合って暮らしている町があるんです。
東京で異文化を感じる外国人街、7つ

▼新大久保には韓国人だけがいるわけではありません。「イスラム横丁」「中国人街」も出現し、スゴい事になっています。
ハラルフードなら新大久保「イスラム横丁」で 小さなモスクもある外国人の街
東京新大久保で発展する中国人街 韓流タウンの横にはガチな中華街が

▼上野・アメ横の地下にはアジア人が集まる多国籍食品マーケットが。外国の市場を歩くのが好きな人なら絶対に楽しめます。
東京でアジア食材を探すならココ アメ横センタービル地下 エスニック食品街でプチ海外旅行気分

▼浅草・仲見世商店街のお土産屋は外国人観光客向けに変な商品をいっぱい扱っています。迷走する最先端の「クールジャパン」見物はココで。
浅草仲見世のおかしな東京土産を調査①「神風ハチマキ」「ゆるキャラキーホルダー」充実の品揃え
浅草仲見世のおかしな東京土産を調査②外国人向け面白みやげ 食品サンプル・仏像フィギュア・日本刀

浅草仲見世の外国人向け日本土産
▲浅草・仲見世では外国人向けの怪しい日本土産がたくさん。

■アイドル・芸人と東京

▼東京のお笑いといえば浅草。大阪とはひと味違う、江戸から受け継ぐ笑いの文化を楽しめます。
浅草は今でも演芸・お笑いの町【浅草演芸ホール・東洋館・浅草公会堂・芸人行きつけの店】

▼なぜか東京のはずれ、赤羽の神社が関ジャニ∞ファンの聖地に。そこには意外な理由が。
関ジャニ∞と赤羽八幡の不思議な関係

▼大人気の朝ドラ「あまちゃん」。6月から物語の舞台は東京・上野へ。能年玲奈が上野を走り回る!
【あまちゃん・東京編ロケ地】GMT47・アメ横女学園の活動拠点「上野」はどんな町?

▼草の根の芸能文化。都が認定する「ヘブンアーティスト」が、代々木公園、井の頭公園などで大道芸を披露。その中で、「顔面紙芝居」は人生模様もスゴい。
パフォーマーとして生きるということ 公認「ヘブンアーティスト」の人生模様

■普段行けない場所へ、大人の社会見学

▼毎年秋に「食肉市場まつり」が開催される「東京都中央卸売市場食肉市場(芝浦と場)」。通常時も併設の「お肉の情報館」が見学可能です。
「東京食肉市場まつり2013」で美味しい肉を試食しよう!今年は「しまねの和牛」!

▼築地だけではなく都内各地の市場が見学できます。大田(水産・花き等)、淀橋(青果)などなど。
東京都中央卸売市場 / 見学のご案内

▼2014年1月、井の頭池の水が干上がります。池底から出てくるものは…
井の頭公園・井の頭池で行われる「かいぼり」とは?水が干上がり池底から世紀の大発見はあるのか

■さらにディープに…

ざっと拙ブログの東京リンク集をまとめてみましたが、こんなのちっともマニアックじゃねーぞ!という声が聞こえてきそうです笑。そんな方にはもう一歩踏み込んだ東京を紹介している、こちらの本をご紹介。

・『お金をかけずに東京珍スポット見物!無銭ひとり散歩』(辛酸なめ子著・コアマガジン)

漫画家・コラムニストの辛酸なめ子ならではのちょっとシニカルな視点から、東京の「もやもや」系の場所を紹介。「吉祥寺の猫カフェ」「練馬区の陸上自衛隊広報センター・りっくんらんど」「赤羽馬鹿祭り」「江戸川区の有名ヤンキー高校の文化祭」「渋谷のギャル男系ファッションのバーゲン」など、流行の雑誌や「るるぶ」には絶対載らないチープでキッチュな東京が満載です。