10月 102012
 

ナブラ・ゼロが開発した iPhone・Androidスマートフォン用津波避難訓練アプリ、「津波ニゲリーノ」。
使い方次第で有意義だと思うのでご紹介。

東日本大震災の津波被害では、「いかに素早く、より安全な場所まで逃げるか」という咄嗟の判断が生死を分けた。しかし、混乱の状況下では、「安全な場所」を冷静に判断できるとは限らない。

津波ニゲリーノ
「津波ニゲリーノ」は、「海岸からの距離」「標高」から割り出された「安全点」という数値を参考にして、周囲で安全と思われる場所を避難訓練の目的地として選定できる(画面+印。青丸が現在地)。地図は、標高と津波到達高に応じて青く塗り分けられている。津波到達高の数値を変更する事により、津波の高さによる大まかな被害域のシミュレーションが可能だ。

津波ニゲリーノ
画像はいずれもナブラ・ゼロより

避難目的地を設定すると、スマートフォンのカメラとAR機能(拡張現実 : 上の画像のようにドラゴンボールのスカウターみたいな機能もその一種)を用いて、現在地から目的地までナビゲートをしてくれる。

文頭で「使い方次第で」と但し書きで書いたのは、これはあくまで防災訓練を目的としたアプリだということだ。このアプリで安全度が高い場所だからと言って、安全性を約束するものではない。

日頃からの準備として安全度が高い場所を把握し、行動の選択肢を増やしておくことが、咄嗟の事態において冷静な判断を可能にする。そのための助けとして、是非活用したい。

iTunes App StoreGoogle play にてダウンロード販売中。税込み価格は350円。

関連記事:津波から逃げろ!初開催「女川復幸男」は新しい”お祭り”発生の瞬間かも知れない

9月 202012
 

いよいよ発売された「iPhone 5」。みなさん、大騒ぎです。「WILLCOMのPORTUS」で、貰いモノの旧型「iPod touch」を細々と使う僕にはあまり関係のない話で、高見の見物をしていました。いや、低見の見物ですね(笑)。

しかしau、ソフトバンクとも条件によっては月間7GBの通信制限があるようで、Twitterを見ていると、少ない、いや十分だ、と議論がなされています。

ちなみに僕の使っているWILLCOMのPORTUSは一ヶ月3.6GBの通信制限があります。一日平均で約120MBほど。と言われてもどれくらい使えるのか、感覚がわからないですよね。

現在、WILLCOMでは3G回線でのパケット量を確認する手段がないらしいので、僕も当初は外出先で恐る恐る利用していました。

そこで見つけたのが「Network inspector」という通信量を測定してくれる(Mac用)フリーソフト。シンプルでわかりやすいです。現在の転送速度、MAX速度、回線を繫いでからの通信量の積算などを表示してくれます。


Network-inspector (Mac App Store)はこちら
※画像内、「Wi-Fi-en1」の下にIPアドレスが表示されていましたが、黒く塗りつぶしています。

このアプリがあれば、とりあえずおおよそ一日の通信量が把握できそうです。

アプリを数日使用してみて。通信量はいかほどだったか?
報告記事はこちらです。: WILLCOMのPORTUS、月間3.6GBの通信制限ってどれくらい??

7月 252012
 

僕はあまりスマホのアプリには詳しくないので、『Word Lens』などというモノを今更知って少々感激しています。海外旅行に行った時に、さっぱり読めない看板を写真に撮るとすぐに英語に訳してくれるんですね。

しかも、撮った画像上の文字をデザインそのまま、英訳に置き換えてくれます。
いやあ、なんだかすごい。

参照記事 : 他言語の看板を瞬時に英訳する『Word Lens』Android版が登場 ライフハッカー日本版

現在のところ、フランス語、スペイン語、イタリア語、英語のみで日本語には対応していないとの事だけど、ゆくゆくは多言語を翻訳出来るようになるのでしょう。タイ語やアラビア語あたりの不思議文字が読めたら楽しいだろうな。

鉄道や交通標識などのサインや、しっかりデザインされた広告などを読み取るのに重宝しそうなこの『Word Lens』。無茶を言いますが、このアプリが落書きレベルまで翻訳出来るようになったら、それこそ旅先の異文化をリアルに感じられて楽しいでしょうね。

「バカヤロー!!立小便するんじゃねえ!!(怒)」の殴り書きのニュアンスを筆跡の勢いもそのままに、画像上に翻訳再現できたら、それは旅も楽しくなるでしょう。

関連記事
優柔不断が得をする!?自分で行き先を選べない割引航空券販売サイト『Get going』
【自転車通勤・ランニング】坂道を避けたい人へ 平坦な道を案内してくれる『Flattest Route』が便利
Google、ついに海中のストリートビューを開始 ダイビングを疑似体験
世界の雨の日率マップ 〜 旅が楽しくなるインフォグラフィック