11月 282013
 

2013年11月23日(土)から12月27日(金)まで武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の森山大道写真展「モノクローム」。森山大道の写真展は都心部での開催が多く、多摩地区での開催は珍しいかと思われます。吉祥寺、井の頭公園へお出かけの際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに少々下世話ですが、武蔵野市立吉祥寺美術館は入場料が100円とお得。気軽に立ち寄れる美術館として、吉祥寺に根付いております。以下、今回の写真展と森山大道の街歩き写真について、特に写真はよくわからなーいという方に、概要を語りたいと思います。

今回の写真展は、2008年から撮りためた東京のスナップ写真約60点で構成されます。森山大道といえば1960年代に粒子が粗く強コントラストのブレ、ボケ写真という前衛的な写真表現で一時代を築きました。その後も特に東京・新宿を中心に街のスナップを撮り続けており、今や日本写真界の重鎮、至宝ともいうべきスゴいお方。

巨匠・森山大道に街歩きを学ぼう

一般的に森山大道の写真は「難しい」と言われますが、それほど深く考えなくても楽しめます。いや、むしろ考えずに感じたまま楽しんだ方がよいでしょう。ものすごく簡単に言ってしまえば散歩疑似体験、あるいは「街を楽しく見る方法論」くらいに思ってもいいかも知れません(言い過ぎ?)。

例えば知らない街を初めて歩いたときに味わう高揚感。街の雑踏と自分の感情が溶け合い混じり合ったような時に、脳裏には次々に脈絡のない映像、イメージが浮かび上がると思います。そうした興奮状態、覚醒状態で切り取った街のイメージの断片というのは、その時の自身の精神状態とリンクしているはず。

写真というのは、その時の感情を鮮やかに切り取り定着させる魔法の機械なわけですが、森山は自身の写真について撮影時の高揚感を認めつつ、「写真は最終的には記録に収れんされる」と言い切ります。

どういうこと?

主観と客観 思い込みと冷静さと

写真は時間の経過とともに、その時の撮影者の心情のようなモノが薄れて剥がれ落ちて、写された対象物だけが残り、客観的な記録として浮かび上がります。森山はこの感覚を大切にしているようで、時とともに撮影時とは違う姿が見えてくることこそが、写真の強度、面白みだと考えているようです。

街を歩く時の高揚感と、その感情によって視野が限定され、見落とされがちな看板、ポスター、落書き、壁、建築物、そして歩く人々などの些末な都市の生活感、ディテール。高揚感とともに切り取った風景には、確かに言葉に出来ない「何か」があったはず。ただ歩くだけでは見えなかったその「何か」が、残像のような白昼夢のような写真の中に、写っているのかも知れません。

森山の視点を借りて東京という都市の見方、触れ方をもう一度プラクティス(練習)してみるのも楽しいかも知れません。きっと、観賞後の吉祥寺の街も違って見えるはずです。

森山大道「モノクローム」展
開催期間:2013年11月23日(土・祝)〜12月27日(金)
休館日:11月27日(水)、12月25日(水)
入場料:100円
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
電話:0422-22-0385
URL:http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2013/10/post-115.html

※12月7日(土)14時から15時30分には森山大道と編集者・神林豊による対談「モノクロームの魅力」も開催されます。先着90名、美術館入場券が必要。電話、美術館窓口にて申し込み受付中。

▼こちらは「新宿+」。2002年に発売された名写真集「新宿」に新たな写真を大量に加えた文庫版。新宿を撮らせたらやっぱりスゴくいい。

10月 312013
 

11月のあまちゃん関連のイベント情報を少々ご紹介。

2013年11月2,3,4日の連休に開催される「NHK文化祭」(東京・渋谷)にて、あまちゃんのセットが公開されるようです。
それと、同じく11月の1日〜10日までの間、東京・上野のアメ横センタービルで「海女カフェ」セットを再現したカフェが設営されるようです。

NHK文化祭では天野家のセットが公開。春子の部屋は??

まずは渋谷のNHK放送センターで開催される「NHK文化祭」。
このイベントはNHKで放送されるさまざまな番組体験が出来るイベント。

NHKのホームページによれば、その中で「あまちゃんのセットもじぇじぇっと公開!」とのこと。このページには詳細が書いていないので、何のセットが公開されるのだろう??と色々徘徊して調べてみました。

で、こちらの「あまちゃん」公式ホームページでようやくオフィシャル情報を見つけました。ページ左側、下へ辿っていくと「あらすじ」の下の「(‘ jjj ‘)/ お知らせ (‘ jjj ‘)/」という欄に、

11/2(土)〜4(月)【NHK文化祭】「天野家セットをじぇじぇっと公開!」

というリンクがあります。NHK公式のページが言っているので、どうやら本物のセットとご対面できるようです。春子の部屋も公開されるのでしょうか。その他に、あのオープニングで能年玲奈が飛んでいる映像をなりきりで体験できるコーナーもある模様。

会場は屋内会場5F、「スタジオ511」というところ。「NHK文化祭」は入場無料なので、他の番組イベントも合わせて楽しめそうです。開場時間は午前10時から午後5時(入場は午後4時30分)まで。

詳しくは「NHK文化祭」の公式ホームページにてご確認下さい。

アメ横では「あまカフェ」を再現!GMT衣装の展示も!

そして同時期にもう一ヶ所。11月の1日〜10日までの間、GMT、アメ女の本拠地であったアメ横のセンタービルで、「海女カフェ」が図面を基にして忠実に再現されます。こちらは台東区と荒川区の商店街連合会企画の町おこしイベント。NHK公式のイベントではないので、現物ではないと思われます。

しかし、そこは東京EDOシアターの本場。どこでどうやって交渉したのか(笑)、GMTの例の衣装(青、黄、赤などのヒラヒラしたステージ衣装)が展示されるようです。他に海女カフェセット、南三陸鉄道記念撮影、東京EDOシアターの各コーナーが設置されます。

なお、再現されたカフェではアキや弥生さん、花巻さんは居ない模様ですが、海女に扮したスタッフがおもてなしをしてくれるそうです。「スタンプラリーJJJ!」と題されたスタンプラリー(荒川・台東区内の商店街を回遊)では、「あまちゃんTシャツ」「あまちゃんてぬぐい」などの景品も用意されているとのこと。

詳しくはこちらのイベント公式ページをご覧下さい。
http://tokyo-jjj.com/#event4

関連記事
小泉今日子の「あまちゃん」寄稿が素晴らしい 読売新聞より【名文・名言】
GMT47・アメ横女学園の活動拠点は上野【あまちゃん・東京編ロケ地】
ユイと大吉が乗った北鉄の震災・津波被害描写は、実在の三陸鉄道「奇跡の車両」のエピソードを元に描かれている模様
【あまロス対策】あまちゃん出演者のその後動向〜若手女優編 ドラマ・映画・ラジオ
高まる「あまちゃん」続編への期待 クドカンのやる気はあるの?
お座敷列車で復活・潮騒のメモリーズのフル動画をストーブさんが撮っていた
大阪が舞台。新・朝ドラ「ごちそうさん」は「あまちゃんロス症候群(あまロス)」を防げるか

10月 162013
 

今年も10月25日(金)26日(土)に、阿佐ヶ谷JAZZストリートが開催されます。1995年の開始以来、今年で19回目。このイベントの最大の特徴は、文字通り阿佐ヶ谷の街全体(駅前や商店街からバー・喫茶店内、神社の境内、教会、小中学校の体育館まで)がJAZZだらけになること!

当日、路上では同時多発的にあちらこちらでライブが始まり、阿佐ヶ谷の誇る個性的な飲食店の内部では、この日だけのとっておきスペシャルジャズライブが続々と行われます。どれを見ようか迷ってしまいます。
阿佐ヶ谷JAZZストリート
▲阿佐ヶ谷JAZZストリートフライヤー(pdf)はこちらへ。

三種類の会場で多様な楽しみ方

ジャズライブの会場は、基本的に三種類に分かれます。

・街の中で無料でライブを楽しめる「ストリート会場」(10ヶ所)

・ライブハウス、喫茶店、レストランなどで飲食をしながらライブが楽しめる「バラエティ会場」(37ヶ所)

・阿佐ヶ谷神明宮・能舞台や阿佐ヶ谷に点在する教会、学校体育館などで本格的にライブを楽しめる「パブリック会場」(13ヶ所)

「パブリック会場」では共通のチケット(下記)制。「バラエティ会場」は各店舗ごとの裁量でチャージ制(2000円前後の店が多いようです)だったり、投げ銭(笑)+オーダーという形だったりします。

※パブリック会場共通チケット
2日パスポート 前売り3800円 当日4000円
1日パスポート 前売り2800円 当日3000円

▼「ストリート会場」一覧と出演ミュージシャン。無料でも十二分に楽しめますよ。
http://www.asagayajazzst.com/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BC%9A%E5%A0%B4/

▼「バラエティ会場」ラインナップと出演ミュージシャン、入場条件などはこちらから。阿佐ヶ谷が誇る個性的で魅力的な店舗でゆっくりと音楽を。
http://www.asagayajazzst.com/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3%E4%BC%9A%E5%A0%B4/

▼「パブリック会場」一覧と出演ミュージシャンはこちら。教会、能舞台など会場によって雰囲気も違います。
http://www.asagayajazzst.com/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%9A%E5%A0%B4/

こうして三種類に会場が分散されることで、お金を払って本格的にジャズを楽しみたいコアなファンから、気軽に雰囲気だけでも楽しみたい散歩の人、そしてただ単にお酒が飲みたい(笑)吞ん兵衛タイプまで、各種タイプのニーズに対応しているのが素晴らしいと思います。

今年の目玉は日野皓正

毎年素晴らしいミュージシャンが目白押しの阿佐ヶ谷JAZZストリート。今年は毎年参加している山下洋輔が急遽入院してしまったため、特別友情公演として日野皓正が25日午後5時から神明宮能楽殿(=パブリック会場)にて演奏を行います。山下氏の入院は残念ですが、世界的トランぺッターの日野氏の登場は今年の目玉となりそうです。

その他に「モンローウォーク」「スローなブギにしてくれ」でお馴染みの南佳孝(10/26・久遠キリスト教会=パブリック会場)、女性ボーカルの女王マーサ三宅(新東京会館=パブリック会場)、「ジブリ・ミーツ・ジャズ」と称して親子で楽しめるコンサートを行う立石一海トリオ(杉並第一小学校=パブリック会場)などなど、多彩な顔ぶれが登場します。

またデキシーバンドの行進からストリートジャズまでが街に響き、二日間とも米空軍音楽隊が登場するなど、阿佐ヶ谷の路上はジャズ一色となります。特に路上で行われる無料のストリートライブは、様々なミュージシャンが道ゆく人を楽しませ、その賑わいは「大道芸」的な盛り上がりとなります。

関連記事
高円寺4大祭り「高円寺フェス2012」やんちゃな大人のカオスな文化祭が今年も
「東京食肉市場まつり2013」で美味しい肉を試食しよう!今年は「しまねの和牛」!