1月 272014
 

東京・武蔵野市の井の頭公園で、1月に池の水を抜き底面を天日干しする「かいぼり」を実施するとの発表がなされていました。池の水質改善、外来魚の駆除などが主な目的です。

※「かいぼり」実施に関する詳しい記事はこちらをご覧下さい。
井の頭公園・井の頭池で行われる「かいぼり」とは?水を抜き池底から世紀の大発見はあるのか

「魚捕りの日」実施 1メートル超ソウギョも

1月に入ってから池には何やら怪しい装置が池に設置され、いつ水抜きが始まるのかなと観察していたところ、1月25日(土)26日(日)に実施された「魚捕りの日」に合わせて一気に水が抜かれていたようです。この「魚捕りの日」では、市民ボランティアの手によりオオクチバスやコイなど3600匹が捕まえられ、中には1メートルを超えるソウギョもいたとか。

「かいぼり」は一ヶ月ほど続く予定で、底面が天日干しされゴミや外来魚が駆除された後、池は再び水で満たされます。

干潟のような井の頭の風景

以下、「魚捕りの日」翌日の朝、水が抜かれた状態の井の頭池の写真を撮りましたのでご紹介致します。

水が抜かれた井の頭池は干潟のようで、朝日が反射してとても綺麗でした。ただ、底面があらわになったせいで、周囲には少々ヘドロのニオイが…。それほどキツいニオイではありませんでしたが、しばらくは池沿いでのランチは避けた方がいいかも知れません(笑)。


▲画像1 公園中央の橋、七井橋から東側を眺める。まだ少しだけ水が残っており、氷が張っていました。スワンたちは座礁中。

▲画像2 池が終わり、神田川へと流れ出すあたり。水面下から出てきたと思われる自転車が。あちらこちらで泥まみれの自転車が浮上しており、酔っぱらいが投げ入れた疑いも?

▲画像3 こちらは七井橋から西側、弁天様、源流方面の眺め。水がないと湿地帯のような風景に見えます。遠くには作業員の姿も。

▲画像4 作業員の皆さん。恐らく水中の生物の調査、捕獲ではないかと思われます。寒い中ご苦労様です。

▲画像5 水面下から現われたと思われるガラクタ、ゴミたち。缶、ビン、ペットボトルに加え、パソコン関係の機器(外付けHD?)らしきものも見られます。ワインのボトルなどは年月によりほぼ「白骨化」しております。

▲画像6 「お茶の水」と呼ばれる湧水口付近から、池を眺める。水を抜いたばかりでまだまだ泥沼状態。池面からの風に乗ってヘドロのニオイが鼻をつきます。

12月 282013
 

京王井の頭線・吉祥寺駅の新駅ビル「キラリナ」の建設が進んでいます。吉祥寺のランドマーク的存在であった「ユザワヤの入ったビル」が消えてから、南口一帯がどこか寂しいような感じがしていましたが、2014年の春に新たな駅ビルとして開業、吉祥寺の新しい顔となりそうです。
キラリナ吉祥寺
▲姿を現しつつある「キラリナ」(奥のガラス張りのビル)。

「キラリナ京王吉祥寺」は30代女性がメインターゲット

この商業施設の正式名称は「キラリナ京王吉祥寺」。現在工事中である壁に貼られた告知によれば、「この街にありそうでなかったファッションやコスメ、ライフスタイル雑貨を揃えて」、「地下1階には(略)デイリー使いができる食品フロアも」とのこと。メインターゲットは30代の女性を想定しており、若いファミリー層や仕事帰りのOL、サラリーマンなどを対象としたお店が入りそう。

同様に最近吉祥寺駅高架下にオープンした「アトレ吉祥寺」「ロンロン市場」などと競合する商業ビルとなりそうで、当然それらの施設とは差別化を図ってくるでしょう。

各階の詳細は

まだ細かい入居テナントについての発表は見当たらないのですが、「キラリナ」告知によれば、地下2階が「駐車場(約110台)」、地下1階が「食品売り場(フードパルク)」、1階が「軽飲食、雑貨、サービス」に。2階から5階までは「ファッション・雑貨」のテナントが入り、6階は「雑貨」、7階は「書籍とサービス」、8階と9階が「ホビー売り場」となります。9階には「屋上庭園」も設けられるようで、憩いの場となりそうです。
キラリナ吉祥寺フロアガイド

ユザワヤは入らず

当初はかつて同地に入っていた「ユザワヤ」が再入居するという話が進んでいたようですが、残念ながらお流れとなり、現在ユザワヤは同じ南口のマルイビルにて営業中です。

なお、ビル2階部分でJR吉祥寺駅と、3階部分で京王井の頭線吉祥寺駅と、それぞれ改札から直結されるようです。現在大幅改修が行われている吉祥寺駅ですが、「キラリナ」開業によって駅の中の動線が大きく変わりそうですね。

関連記事
吉祥寺ドン・キホーテはギラギラ感抑えめ?雑貨、食品、酒、化粧品など普段遣いに重宝しそう


大きな地図で見る

12月 062013
 

11月30日に東京・西荻窪で行われた「西荻婚」について、日経新聞web版の記事からご紹介します。この「西荻婚」。街ぐるみで結婚を祝うという、なんとも西荻らしいイベントだと思いました。

西荻窪、通称「西荻(にしおぎ)」はJR中央線・杉並区内の駅。新宿から向かうと吉祥寺のひとつ手前で、快速で15分ほどで到着します。西荻は中野、高円寺、阿佐ヶ谷、吉祥寺と並び若者に人気の街ですが、それらの街に比べると地味な印象はぬぐえません。

都会の中の「西荻村」

この地味な西荻という街の特徴を一番よく表現した言葉が、「西荻村」。地元密着型の小さな商店が多く、チェーン店は少なめ。個性的な飲み屋も多く、ふらーっと店に入れば店主や客との会話も弾み、顔見知りになりやすい。都会の中では珍しく、「顔が見える街」といえます。そうした小ぢんまりとした街の性格を「西荻村」と表現するんだ、と以前不動産屋のおっちゃんに教えてもらいました。

「西荻婚」は、「ていねいに、」という食堂兼マッサージ店の新婚ご夫婦が主役。和装が艶やかなお二人が「お練り」として人力車で駅前を出発、披露宴会場の井荻会館(昭和七年に建てられた古い建築様式が守られている)までを練り歩きました。駅前に新郎新婦が現われると、街の人々は大喜び。街の人々にあたたかく見守られての新しい門出となりました。

到着した井荻会館では、西荻の人々による手作りの披露宴が行われたようです。

※当日の様子は日経新聞webページの記事をご覧下さい。
http://www.nikkei.com/photo/special/article/?ng=DGXZZO63612340U3A201C1000000&uah=DF270920129168

「西荻案内所」が情報と交流のハブに

西荻窪には有志により開設された「西荻案内所」があり、街の情報の発信地となっています。この案内所と関係者が中心となり街と人とを繫げる様々な企画が催されており、今回の「西荻婚」も、案内所に訪れる人々との会話の中で芽生えたアイディアだとか。

今回の企画の写真を見ていても、それなりに西荻を知っていればお馴染みの面々が写っており、やはりここは「村」なんだな、と妙に納得します。

最近では「街コン」が各地で行われていますが、同じ「コン」でもこちらは「婚」。これから夫婦が暮らしていく街でのハレのお披露目。東京のような都会では結婚披露宴は親族・友人のみを呼ぶ形式が一般的ですが、こうして土地の人の前で地縁を感じさせるお披露目を行うのは、なんとも西荻的ですね。