8月 032013
 

最近奄美諸島関係の仕事を手伝っているので奄美の存在を気にしていたら、写真家・管洋志の素晴らしい写真集「奄美~シマに生きて」に出会いました。観光ガイドブックを見るよりも、これ一冊をじっくり見た方が、よほど奄美の姿が理解出来るように思います。

■美しいけれどどこか哀しい…奄美の風景

一般的に奄美群島は琉球・沖縄と混同されがちで(行政区域は鹿児島県)、「南国リゾート」「エメラルドの海と白い砂」的なイメージを持たれている方も多いと思います。確かに海は美しいしマングローブも島唄もあるし、そこまで間違ったイメージではないのですが。

奄美群島の歴史はなかなかに複雑です。琉球、薩摩藩、そしてアメリカと、時代のうねりの中で支配者がコロコロ変わり、島人は苦しい生活を余儀なくされてきました。そうした悲哀の歴史の名残なのか、どこか陰影のある独特の文化や風景が形づくられ、今に伝えられています。

■管洋志の「人間写真」

写真家・管洋志は「人間写真」をテーマに掲げアジア各国、特に東南アジアを中心に、滾る(たぎる)ような人間の生活の風景を写し続けてきました。管の写真は一言でいえば「生々しい」。

例えば奄美の無邪気な小中学生の写真。溌剌としていて、人間の生の感覚に溢れているなあと思って見ていると、ズボンが汚れ、穴があいていたりします。あるいは中学生男子の生えかけのヒゲ、つながりかけの眉毛が、毛穴ごと目に飛び込んできたりします。

同様に石垣の朽ちたディテール、植物の産毛、筋肉が落ちた老人のスネ、親戚縁者の集まりの席、夜の帳(とばり)に細々と灯される家の明かり、特攻隊の記憶など、「亜熱帯」「南国」という言葉から連想される陽のイメージとは違う、ざらざらとした生活の姿が切り取られています。

写真集巻末の文章も、奄美を知る手がかりとして面白いものでした。島では車ですれ違う時に頭を下げて挨拶する(たとえ知り合いでなくとも)など、実際に島に行かなければ体感できないようなエピソードも。

旅に求めるものは人それぞれ違うとは思いますが、例えば現在の生活を見直し一度リセットしてニュートラルな気持ちになりたい時などは、奄美群島はいいかも知れませんね。まだまだ記号消費的な観光が浸透していない島だと思うので(それでいて面積、人口とも大規模な群島)、ゆっくりと巡る甲斐があると思います。

関連記事
奄美琉球居酒屋・土濱笑店で新名物「パパイヤもずくキムチ」に出会う
奄美群島しーまブログ 奄美の食・酒・旅行情報はここで集めよう
奄美伝統発酵飲料「ミキ」を体験。好き嫌いが分かれるらしいけど美味しかったよ?

7月 032013
 

テレビ東京系深夜ドラマ『みんなエスパーだよ!』で繰り広げられる「三河弁」の会話を聞いていると、大学時代の友人を思い出して懐かしくなります。ある回の放送から、「三河弁」を抜粋してみました。僕はこの言葉、好きですねー。標準語訳をなんとなく付けましたが、間違っていたらごめんなさい。

・どすげーいい女がおるじゃん!
・いこまい!(標準語訳:いこう!)
・テルさんどこいっただやー
・春が来たにー
・どこがいいだー
・だもんで なんでわたしがー
・なにこれ どうまいじゃん!
・ホントの気持ち隠しとるだらー(標準語訳:だろー?)
・エスパーをやめようと思っているだに
・よかったじゃんねー
・どいいなてー(標準語訳:ちょーいいなー)
・あったもんで
・しらばっくれるのやめにー
・恥ずかしかったやー
・いい天気だのん、ほい!(のん=ねえ、ほい=おいorやあ)
・きめりん!(標準語訳:きめなよ!軽い命令形)
・そうせりん!(標準語訳:そうしなよ!軽い命令形)

■「じゃんだらりん」 
語尾の「じゃん」「だら」「りん」は三河弁の代表的な表現であり、まとめて「じゃんだらりん」などといわれるようです。大学では豊橋あたりの三河出身者が三人ほどいたのですが、「だもんで」「じゃんねー」「どすごい、どいい」「だらー」「○○かやー(だやー)」あたりは連発していました(「じゃんねー」は横浜出身の友人も愛用していました)。「だに」「いこまい」「○○にー」あたりは聞いた事がありません。

そもそも、ヤングマガジン連載の原作マンガ『みんなエスパーだよ!』(若松公徳・講談社)は大分県が舞台。ドラマ化するにあたって、予算の関係上(大分は遠征費がかさむ)、それに園子温監督の出身が愛知県豊川である事などから、「東三河」が舞台として選ばれたようです。ちなみに旧三河国の中でもさらに「西三河」と「東三河」に分かれ、豊田、岡崎、刈谷などが「西三河」、豊橋、豊川、蒲郡などが「東三河」に分類されます。東三河は三河湾、天然記念物指定の竹島、伊良湖岬などもあり、風光明媚な場所です。

■染谷将太、夏帆など出演者の多くは東京出身
「三河弁」はあまり全国ネットのメディアでは馴染みのない言葉ですので、初見では驚いた方も多いと思います。ネイティブの三河の方に言わせると、「誇張し過ぎ」「イントネーションが変」など不満もあるようですが、それもそのはず。演者のほとんどは東京出身(※)で、方言指導を受けつつの演技なのです。

※染谷将太(主人公・鴨川嘉郎)、夏帆(ヒロイン・美由紀ちゃん)、深水元基(榎本先輩)、柄本時生(主人公の友人・ヤス)などが東京出身、マキタスポーツ(喫茶シーホースマスター・テルさん)が山梨市出身。先日、明らかにぎこちない三河弁を披露していた水道橋博士は岡山県倉敷出身。

それにしても、三河弁のヤンキー夏帆は可愛すぎます。映画「天然コケッコー」で透明感のある少女を演じていた頃の彼女もまたいいのですが、僕は断然(100倍)、現ヤンキー夏帆さんが好きです。

ちなみに劇中でヤスケン(安田顕)教授の助手・秋山くんがしきりに言う「ほの国・東三河。」ですが、香川県でいう「うどん県」的なキャッチフレーズのようなもの。命名は1995年というから、なかなか年季が入っています。古代、この地に存在した豊かな実りを意味する「穂の国」が由来で、この地域が豊穣な土地であったことを示す名称です。

関連記事
水曜どうでしょうベトナム編は初めて見る人におススメ 笑いあり涙あり、東南アジアの旅の楽しみが詰まっています
【孤独のグルメ原作】名言・名セリフから読み解く、井之頭五郎のグルメリポーターとしての実力
GMT47・アメ横女学園の活動拠点は上野【あまちゃん・東京編ロケ地】

 

6月 172013
 

2013年7月から早くもSeason3が放映開始される、テレビ東京系深夜ドラマ「孤独のグルメ」。松重豊扮する主人公・井之頭五郎が地味な食堂で独り言をいいながら食べているだけなのに、各方面から絶賛の声が聞かれます。

好評の要因と思われるのが松重豊の食べっぷりと、出された食べ物に対する実感のこもった独り言。バラエティ番組でタレントが発する軽薄な「うまーい!」とは対極にあり、食べる喜びが伝わってきます。これは松重豊氏の力量によるところが大きいと思われますが、原作マンガの井之頭五郎氏も、独り言では負けていません。

グルメレポーター職人の阿藤快、彦摩呂を凌ぐ(?)実力の持ち主、マンガ版・五郎氏の「味の名表現」をご紹介します。なおこれらの名台詞、すべて声は発しておらず、五郎氏の心の声となっております。松重豊の声で脳内再生推奨。