8月 292013
 

1905年に撮影されたニューヨークの地下鉄の動画がカッコいいのでご紹介します。ニューヨークで最初の地下鉄は1904年に開業(都市高速交通会社 = Interborough Rapid Transit Company、IRT)しているので、この動画は開業直後ですね。

撮影は車両の後ろから追いかける形で撮影されています。トロッコか何かを使っているのでしょうか。柱だらけのトンネルを走り、時折駅に到着します。動画の最後、終着らしき駅に到着すると多くの乗客が乗り降りをする姿が見られます。タキシード、ドレスで正装している人が多く、地下鉄利用者の多くがハイソサエティな層であったことが伺えます。

世界初の地下鉄はロンドン

世界初の地下鉄は1863年・ロンドンの「メトロポリタン鉄道」。パディントン駅〜ファリンドン駅間の約6kmで、当初は蒸気機関車を使用していました。当時のロンドンはもちろん先端の都市だったということもありますが、街路が狭く、地上に鉄道を造りづらかったことが地下鉄開通を後押ししたようです。

ちなみに1863年の日本は「文久三年」。薩英戦争が起こり、新撰組が結成された年で、まさに「幕末」のまっただ中でした。

1927年、アジア初の地下鉄はやはり日本

その後イスタンブールなどで19世紀中に地下鉄が開業、意外にもドイツのベルリンでの開業は1902年(地下水が豊富で建設が困難とされていた)。

日本での開業は1927年の初代「東京地下鉄道」で、現在の銀座線浅草〜上野の区間。これがアジアで初の地下鉄開業でした。中国が1969年(北京)、北朝鮮が1973年(平壌)、韓国が1974年(ソウル)、インドが1984年(コルカタ)開業だったことを考えると、アジア地域では日本が突出して早いですね。

南米、アフリカでは?

補足で他大陸も。南米大陸では1913年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで、アフリカ大陸では1987年のエジプト・カイロで地下鉄が開業しています。植民地下にあったアフリカでは、かなり導入が遅れたようです。

関連記事
中国人に鉄道オタクはいない!? 日本の鉄道の安全を支える「鉄道文化」
旅行者が選ぶアジアの人気観光都市  東京・京都がランクイン  首位はバンコク  日本国内観光地の順位も発表

6月 102013
 

北海道テレビ放送の伝説の番組「水曜どうでしょう」。ローカル番組であり現在はレギュラー放送を終了しているにも関わらず、全国区の人気を誇ります。

その中で、レギュラー放送としては最後の企画となった「原付ベトナム縦断1800キロ」(2002年放送)の旅が、東南アジアを旅する楽しみや喜び、笑いにあふれていてとてもいいので、ちょっとご紹介します。ネタバレ多数なのでご注意ください。

この企画はベトナムの首都、北部のハノイから南部の商都ホーチミンまでの1800キロを原付(カブ)で縦断するというもの。「カブ」も「縦断」もどうでしょうの花形企画。それにベトナムは車よりもバイク天国、カブ社会であり、最終回を飾るに相応しい企画と言えます。

■居るだけで爆笑してしまう東南アジアの「ボケ」力

恒例の企画発表で「カブ」企画と知り、ひっくり返った大泉洋さん。翌日朝にはハノイのホテルの部屋から、いつものメンバー(ミスター、ヒゲ、うれしー)とともにハノイの町の交通を眺めていました。

そこに見えるのは交差点でめちゃくちゃな進路を取り合う、蟻のようなバイクの大群。左折右折直進関係なく我先にと交差点に突入し、巨大な竿を持った自転車も負けじと参戦します。東南アジアではよく見るカオスな光景なのですが、日本の常識からはあまりにかけ離れており、そのギャップのスゴさに一同ただただ笑いがこみ上げてきます。

このベトナム編、全編を通してベトナムが用意してきた渾身のボケに対し大泉洋が絶妙につっこみ、そこに笑いが生まれる、そんな流れになっています。まるで東南アジアの「ボケ」の見本市、総合カタログのようです。

6月 102013
 

レゴブロックでお馴染みのLEGO社が、本社のあるデンマーク・ビルンに「LEGOハウス」を建設するとか。博物館とショップを兼ね備えた、LEGOファン向け体験型テーマパークになる予定。珍しいLEGOキットが用意され、プラスチック製のレゴ作品が展示されます。

完成予想CGがYOUTUBEで公開されています。これは楽しそうな空間。

動画で図解説明されていますが、たくさんの空間をブロックのように積み重ねて造るレゴハウスは、まさにレゴブロックのよう。何だかレゴで遊んでいた子どもの頃を思い出しますね。
レゴハウス
▲空間はレゴブロックのように積み重ねられます。
レゴハウス
▲完成。リアル版おしゃれレゴブロックって感じで、なんかかっちょいい。

レゴブロックは子どもにとって、「建築」という概念との最初の出会いとなるものです。子どもは最初、闇雲にブロックを積み上げて家らしき「固まり」を造るのですが、徐々に重心や外観、動線、内部空間のバランスなんかを無意識なのか考えだして、「建築物」を創造し始めます。

レゴハウスでは、子どもたちが実際にブロックを積んで遊べる空間が設けられるほか、ピラミッドのように段々状になったテラスからは、様々な視点の風景を眺められます。レゴハウスとレゴブロックを通して、より刺激的な建築体験ができそうです。
レゴハウス
▲白が基調のレゴハウス。カラフルな色彩は要所にとどめます。ベンチもレゴブロックでかわいい。
レゴハウス
▲気持ち良さそうな内部空間。レゴブロックで造った家の内部を歩いている気分。

大人にとっても、子どもの頃に妄想していた「このままレゴブロックを無限に積み上げていけば、やがて立派な家が出来るかも」という夢が現実の建築として体験できるわけですから、楽しいに決まっています。

建設は2014年に開始。実際の2×4LEGOブロック約6,000万個を使用しながら(どうやって?)、2016年の完成を予定しています。どんな展示 物が登場するか楽しみです。デンマークは遠いですが、欧州旅行の際には是非旅行日程に入れたくなる、そんな新名所となりそうです。

関連記事
映像表現「プロジェクションマッピング」がすごい  東京駅が、オペラハウスが、立体のキャンパスに
「直線は胸に抱くな」  孤高の芸術家・フンデルトヴァッサーは言葉も建築も素敵
カリスマホームレスのお悩み相談 路上生活者は知恵の宝庫