11月 292013
 

東京都内でも有数の紅葉スポット、井の頭公園。広い園地で紅葉がキレイに見られるスポットをまとめてみました。今回は「紅葉」をテーマにまとめましたが、これらスポットは四季いつでも楽しめる、美しい場所ばかりです。地図上の1〜8の丸数字は、各おススメスポットと対応しています。
井の頭公園紅葉地図

紅葉の見頃は?

例年、井の頭公園では11月上旬から徐々に木々が色づき始めます。見頃は11月中旬から下旬にかけて。特に11月末頃はモミジが真っ赤に色づきます。12月にはいると落葉が終わり、公園は冬の風景に変わります。

ということで、以下、井の頭公園のおすすめ紅葉ビュースポットを8つ!

1 モミジが映える 井の頭池北側沿いメイン歩道

井の頭公園紅葉
吉祥寺駅南口からマルイの右側の道を入ると、公園の参道ともいえる賑やかな「七井橋通り」。スターバックスカフェ、いせやなどを横目に階段を下りると、井の頭公園「七井橋」付近に出ます。この七井橋を渡らず、左右池沿いの散歩道を歩けば、この近辺が井の頭公園で最も人が多い一帯。木々や池を眺めるベンチが多数設置されており、日当りも良好です。鮮やかなモミジも多い一帯。

2 王道・七井橋からの眺望とボート

井の頭公園七井橋からの紅葉風景
公園メインの入口からすぐ、池にかかる七井橋。ちょうど井の頭池の中心部に渡された長い橋で、パーッと視界が開け、武蔵野の水辺の風景が美しい。この橋の上からの眺めは井の頭公園の象徴とも言える景観で、紅葉のみならず春は桜、夏はヒグラシと夕涼み、冬は雪景色を堪能できます。

橋を進んだ奥にはボート乗り場があり、手漕ぎボート(料金は最初の一時間600円、以降30分ごと300円)、サイクルボート(30分600円)、スワンボート(30分700円)に乗れます。ただし井の頭弁財天が嫉妬深く、このボートに乗ったカップルは別れるなんていう都市伝説もありますので注意。(このボートに乗って晴れて結婚したカップルも多いですが…)

3 御殿山樹林地 紅葉を見ながらのガレットも

井の頭公園御殿山紅葉
池沿いの風景とは一変して、武蔵野の雑木林の風情が残る御殿山付近。池西端からジブリ美術館方面へと向かい、坂道を上った一帯です。こちらは人も少なく、ゆっくりと散策をするのに良いでしょう。ケヤキなどの大木も多く、ちょっとしたハイキング気分を味わえます。

御殿山地区を通る車道「井の頭公園通り」沿いには、ガレット(フランス風蕎麦クレープ)が美味しい「カフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館」というお店があります。とても可愛らしいヨーロッパ風のお店で、御殿山の林を見ながらのティータイムは、軽井沢に来たような気分?

4 井の頭池南側沿い歩道 ペパカフェ・ブルースカイコーヒー

井の頭公園ペパカフェフォレストと紅葉
吉祥寺駅から七井橋を渡って池の反対側に行くと、少々地味ですが、池沿いに散策が出来ます。紅葉もキレイ。こちらは池北側沿いより人通りが少なく、ベンチも空いていることが多いです。

この一帯の特徴は、公園の緑を感じながらアジアン・フードやティータイムを楽しめる「ペパカフェフォレスト(PEPACAFE FOREST)」があること。テイクアウトで「ベトナムコーヒー」「ベトナムサンドイッチ」なんていうのもあります。

さらに池沿いを井の頭公園駅(京王井の頭線)方面に歩くと、右手に小さなコーヒースタンド「ブルースカイコーヒー」が。この店もとても可愛らしく、通りかかった女の子はキュンキュン(笑)している様子。ホットワインやカフェラテ(ラテアート有り)など、暖かい飲み物がテイクアウトできます。

5 江戸の景勝地・井の頭弁財天と弁天橋

井の頭公園弁財天紅葉
この一帯は和のテイスト。井の頭の弁天様と池と紅葉の風景が楽しめます。井の頭弁財天は天慶年間(938-946)に始まりがあるといわれ、大変由緒があります。江戸時代には徳川家康が何度か訪れ井の頭池の水でお茶をたて、その時の茶臼が今も弁天堂に伝えられているとか。

江戸期にはあの安藤広重が名所江戸百景「井の頭の池弁天の杜」、名所雪月花「井の頭の池弁財天の社雪の景」を描いており、弁財天の風景は古くから景勝地として評価されてきました。現在は吉祥寺駅から遠いために、公園内でややマイナーな存在となっていますが、井の頭公園に来たら是非訪れたいスポットです。

6 紅葉撮影スポット・ひょうたん橋

井の頭公園ひょうたん橋からの紅葉風景
井の頭池の東端、ちょうど池が「神田川」となる場所にかけられた小さな橋が「ひょうたん橋」。特に何があるというわけではないのですが、ひょうたん橋からの池の眺めは井の頭池・景観スポットの一つ。この場所、池が遠くに向けて奥行きを持っており、構図的にいい画が撮りやすいんです。四季を問わず多くのカメラマンが、ベストショットを狙って写真を撮っています。

7 芝生と紅葉が美しい三角広場

井の頭公園三角広場 芝生広場の紅葉
井の頭公園は武蔵野の雑木林の面影を残しており、来訪者は基本的に「木陰のベンチに座って自然を楽しむ」という時間の過ごし方が多いと思われます。しかし、井の頭公園駅裏側の三角広場まで足を伸ばせば、広々とした芝生広場があります。

三角広場は日当りも抜群なので、紅葉の木々を背景に軽いスポーツやお弁当を広げてピクニックなどが楽しめます。広場の横にはザリガニ等が棲息する神田川源流が流れており(水辺で遊べるようになっている)、子どもたちが集まっています。

8 玉川上水沿い遊歩道

公園西園方面を貫く、玉川上水。江戸時代、水の乏しかった武蔵野台地に通された水路です。上水沿いの遊歩道は鬱蒼と緑が茂り、紅葉もキレイ。井の頭公園から久我山方面へ、緑道を歩けます。写真を撮り忘れてしまったのですが、鳥のさえずりも聞こえてとても美しい散策路ですよ。なお、反対側三鷹駅方面にも歩けますが、こちらは上水沿いが車道(御殿山通り)として整備されており、都会的な雰囲気です。

関連記事
念願の芝生!井の頭公園西園が大幅拡張オープン 子供とお出かけはいかが?
井の頭公園にはピクニックが出来る芝生広場はあるの?
ピクニックに行こう!広い芝生がある東京の公園10園(23区西部~多摩東部編)

10月 142013
 

「あまロス」などという言葉も生み出したほど、登場キャラクターが愛おしかった「あまちゃん」。番組終了後、あまちゃん世界の人々と会えなくなるのが寂しい、という人が続出しました。

そこで、あまちゃん終了後の各出演者の動向を調べてみました。まずは若手女優編。
各女優の全ての出演日程は書ききれませんので、主だったものをピックアップしています。ご了承下さい。

▼能年玲奈(天野アキ)

・10月に入り、「火曜サプライズ」「笑っていいとも」などのバラエティ番組に出演するも、アキとはかけ離れたオドオドぶりに、全国の視聴者が手に汗を握る展開に。

・2014年公開予定の映画「ホットロード」の主演に決定。暴走族に憧れるヤンキー役の14歳(!)を演じる。関連記事→能年玲奈の次回作は映画「ホットロード」主演 「あまちゃん」とは80年代つながり?

・ラジオでは月に一週間、FM TOKYO系番組「SCHOOL OF ROCK !」内のコーナー「GIRLS ROCK !」にて能年玲奈が登場。第四週の月〜木曜日、22:15頃から22:30まで。こちらではテレビのバラエティ番組とは違い、天野アキ的な明るい能年玲奈の声が聞ける。やはり人見知りが激しいのでしょうか。


▼橋本愛(足立ユイ)

・10月下旬から毎週日曜午後10時放送予定の、NHK BS プレミアム・プレミアムドラマ「ハードナッツ!」にて連ドラ初主演。数学で難事件を解決する女子大生を演じる。

・2014年4月公開予定の青春映画「大人ドロップ」にヒロインとして出演。


▼有村架純(若春子)

・11月1日、29日公開の映画「劇場版SPEC ~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇/爻(コウ)ノ篇」に出演。

・11月8日公開の映画「JUDGE / ジャッジ」に出演。

・11月10日 21:00〜 wowwow無料放送のドラマW「チキンレース」に出演。

・11月25日 21:00〜 ドラマ特別企画 『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~ 』に出演。なお、このドラマの主演は薬師丸ひろ子(鈴鹿ひろ美)。若夏ばっぱを演じた徳永えりも出演。


▼優希美青(GMT・宮城・小野寺薫子)

・10月から放送中の読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ハクバノ王子サマ」に出演中。毎週木曜日23:59〜。

・出演映画『乙女のレシピ』 が9月21日から山形先行公開。料理部乙女の青春映画。

・ 毎週金曜 18:25-18:30 東京FM『優希美青のFirst Diary』放送中。


▼山下リオ(元GMT・徳島・宮下アユミ)

・10月24日放送開始のドラマ「彼岸島」に出演。(毎週木曜深夜・TBS 0:58〜 MBS 0:59〜)


▼松岡茉優(GMT・埼玉・入間しおり)

・10月19日 知多半島映画祭に参加。(松岡が出演した映画「桐島、部活やめるってよ」が招待作品となっている模様。)


▼蔵下穂波(GMT・沖縄・喜屋武エレン)

・10月1日より出演映画「さよならとマシュマロを」がマメヒコ宇田川町にて上映開始。


▼大野いと(GMT・佐賀・遠藤真奈)

・2014年3月8日公開の映画「偉大なる、しゅららぼん」に出演。


▼斉藤アリーナ(GMT・ブラジル&山梨・ベロニカ)

・出演情報なし。情報不足は否メナイヨネ。


▼足立梨花(アメ横女学園元センター・まめりん)

・10月18日 舞台「2LDK」に出演。堤幸彦が仕掛ける女優の登竜門、らしいです。

・毎週日曜・昼12:25〜 テレビ東京系バラエティ番組「ヒットの秘密」にリポーターとして不定期に出演。

・スカパー!の「Jリーグマッチデーハイライト」にMCとして出演中。


▼徳永えり(若き夏ばっぱ)

・11月25日 21:00〜 ドラマ特別企画 『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~ 』に出演。なお、このドラマの主演は薬師丸ひろ子(鈴鹿ひろ美)。有村架純(若春子)も出演。

・徳永は10月1日「スジナシ」(CBC・TBS系)、9月23日「はじまりの歌」、9月14日「今日も地獄でお待ちしています」(いずれもNHK総合)など、コンスタントにテレビにも出演している模様。

関連記事
これは天野アキ!能年玲奈「毎日PR!紅白」がいい感じ BGMはヴァン・ヘイレン(笑)
能年玲奈が紅白PR大使に 昼の「ごちそうさん」放送前に毎日30秒登場 あまちゃんファンは録画時間を早めましょう
大阪が舞台。新・朝ドラ「ごちそうさん」は「あまちゃんロス症候群(あまロス)」を防げるか
あまちゃんチョイ役 わずかな登場で強烈な爪痕を残した名脇役たち【前髪クネ男・小太りの愛犬家・マンションの女】
小泉今日子の「あまちゃん」寄稿が素晴らしい 読売新聞より【名文・名言】
あまちゃん東京編 主な登場人物とGMT5・アメ女メンバー・投票結果まとめ まだまだ見始めても間に合う!
NHK文化祭であまちゃん・天野家のセットが公開 上野アメ横では海女カフェを再現

10月 052013
 

NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」。第一週のあらすじをまとめてみました。

主人公の卯野め以子はモデル・女優の杏が演じるのですが、物語のスタートとなった今週は子役の豊嶋花が、め以子(文中読みづらいので以下、メイコ表記)の幼少時代を演じました。今週の舞台は明治末期の東京・本郷。洋食屋「開明軒」を営む家に生まれた、尋常じゃない食いしん坊メイコの食にまつわる物語です。

第一週目のストーリーは大きく分けて3つ。

・主人公メイコがなんと食い意地が張っていることか
・頑固な父のフランス料理が流行らない
・おばあちゃんが倒れ、イチゴを探しにいくメイコ

メイコの食い意地

小学一年生のメイコ(豊嶋花)は食欲が旺盛。
食欲があり余ってニワトリ小屋のタマゴやお供え物のイチゴを盗んでしまい怒られます。

当時まだ珍しかったイチゴの味の魅力に取り付かれたメイコは、偶然入手したイチゴジャムを独り占めし、誰にも分け与えません。その事から同級生の源太(屋島昂太)と諍い(いさかい)を起こし、ついには父(原田泰造)の営む「開明軒」が美味しくない、と学校でからかわれてしまいます。

大好きな父の料理をバカにされ怒ったメイコは、本当は美味しいとわからせるために、源太ら同級生を「開明軒」に連れていきます。

頑固な父のフランス料理

たいめいけん オムライス
▲みんな大好きオムライス。「開明軒」は日本橋の老舗洋食屋「たいめいけん」がモデルとか。

「開明軒」は父・大五が本場のフレンチを日本に根づかせるべく開業した、当時としては先進的なレストラン。大五の料理の腕前は確かなのですが、小難しい料理ばかりで客からは「パンではなくご飯はないのか」「箸で食べたい」などと言われ、新聞でも「気取っている」と酷評される始末。客足はさっぱりで、その商売センスの無さに、妻・イク(財前直見)も困っています。

案の定、開明軒にやってきたメイコの同級生たちは未知のフランス料理に困惑するばかりで、「美味しい」の声は聞こえません。焦ったメイコは、自身がいつも弁当で食べているケチャップライスとオムレツを出して欲しいと大五に頼み込みます。当初は渋った大五でしたが、それを食べた同級生たちが「美味しい」を連発。それを見た大五はシェフを志した頃の気持ちを思い出し、客が喜ぶものを出そうと気持ちに変化が生じます。

この一件でメイコと源太は仲直り。食い意地ばかりで周囲への配慮が無かったメイコも変わり始めます。そして、この時のケチャップライスとオムレツを合体させた「オムライス」は、後に開明軒の看板メニューとなります。

大好きなおばあちゃん倒れる

病で床に伏してしまった祖母・トラ(吉行和子)を心配し、祖母が食べたいと言っていたイチゴを探しに行くメイコ。ようやく手に入れたイチゴでしたが、帰宅途中に川に落とし紛失してしまいます。落ち込んだメイコでしたが、祖母はメイコに「ごちそうさま」とお礼を言います。

「ごちそうしていない」と不思議がるメイコでしたが、「ご馳走さま」の言葉の由来が「客をもてなすために用意に奔走してくれた、労に対する感謝の言葉」であると祖母から教えられます。結局、同級生の源太がどこからかイチゴを手に入れ卯野家へ届けてくれ、祖母はイチゴを食べる事ができました。

来週からは杏が登場

と、まあこんな感じの第一週でした。メイコの食い意地にネット上では拒否反応もありましたが、全体的には定番朝ドラといった感じで、ほっこりとする内容。来週からは大人になったメイコ(杏)が登場し、ようやく物語の本題へと入って行きそうです。

関連記事
大阪が舞台。新・朝ドラ「ごちそうさん」は「あまちゃんロス症候群(あまロス)」を防げるか