11月 282013
 

2013年11月23日(土)から12月27日(金)まで武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の森山大道写真展「モノクローム」。森山大道の写真展は都心部での開催が多く、多摩地区での開催は珍しいかと思われます。吉祥寺、井の頭公園へお出かけの際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに少々下世話ですが、武蔵野市立吉祥寺美術館は入場料が100円とお得。気軽に立ち寄れる美術館として、吉祥寺に根付いております。以下、今回の写真展と森山大道の街歩き写真について、特に写真はよくわからなーいという方に、概要を語りたいと思います。

今回の写真展は、2008年から撮りためた東京のスナップ写真約60点で構成されます。森山大道といえば1960年代に粒子が粗く強コントラストのブレ、ボケ写真という前衛的な写真表現で一時代を築きました。その後も特に東京・新宿を中心に街のスナップを撮り続けており、今や日本写真界の重鎮、至宝ともいうべきスゴいお方。

巨匠・森山大道に街歩きを学ぼう

一般的に森山大道の写真は「難しい」と言われますが、それほど深く考えなくても楽しめます。いや、むしろ考えずに感じたまま楽しんだ方がよいでしょう。ものすごく簡単に言ってしまえば散歩疑似体験、あるいは「街を楽しく見る方法論」くらいに思ってもいいかも知れません(言い過ぎ?)。

例えば知らない街を初めて歩いたときに味わう高揚感。街の雑踏と自分の感情が溶け合い混じり合ったような時に、脳裏には次々に脈絡のない映像、イメージが浮かび上がると思います。そうした興奮状態、覚醒状態で切り取った街のイメージの断片というのは、その時の自身の精神状態とリンクしているはず。

写真というのは、その時の感情を鮮やかに切り取り定着させる魔法の機械なわけですが、森山は自身の写真について撮影時の高揚感を認めつつ、「写真は最終的には記録に収れんされる」と言い切ります。

どういうこと?

主観と客観 思い込みと冷静さと

写真は時間の経過とともに、その時の撮影者の心情のようなモノが薄れて剥がれ落ちて、写された対象物だけが残り、客観的な記録として浮かび上がります。森山はこの感覚を大切にしているようで、時とともに撮影時とは違う姿が見えてくることこそが、写真の強度、面白みだと考えているようです。

街を歩く時の高揚感と、その感情によって視野が限定され、見落とされがちな看板、ポスター、落書き、壁、建築物、そして歩く人々などの些末な都市の生活感、ディテール。高揚感とともに切り取った風景には、確かに言葉に出来ない「何か」があったはず。ただ歩くだけでは見えなかったその「何か」が、残像のような白昼夢のような写真の中に、写っているのかも知れません。

森山の視点を借りて東京という都市の見方、触れ方をもう一度プラクティス(練習)してみるのも楽しいかも知れません。きっと、観賞後の吉祥寺の街も違って見えるはずです。

森山大道「モノクローム」展
開催期間:2013年11月23日(土・祝)〜12月27日(金)
休館日:11月27日(水)、12月25日(水)
入場料:100円
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
電話:0422-22-0385
URL:http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2013/10/post-115.html

※12月7日(土)14時から15時30分には森山大道と編集者・神林豊による対談「モノクロームの魅力」も開催されます。先着90名、美術館入場券が必要。電話、美術館窓口にて申し込み受付中。

▼こちらは「新宿+」。2002年に発売された名写真集「新宿」に新たな写真を大量に加えた文庫版。新宿を撮らせたらやっぱりスゴくいい。

10月 102013
 

元格闘家・須藤元気率いるダンスパフォーマンス集団、ワールドオーダー(WORLD ORDER)。日本人らしい精密なダンスが注目され以前から海外での評判がいいのですが、彼らの最新動画「Welcome to TOKYO」がクールだ!ともっぱらの評判です。


▲スーツに眼鏡、ガチッと固めた髪の毛。いかにもな「ジャパニーズ・サラリーマン」が東京で踊る

動画は6名のダンサーが東京各地の風景をバックにして、ロボットダンスのような精密なダンスを踊っています。いかにもな「日本人」を連想させる精密で一糸乱れぬダンスが、雑然とした東京の風景と絶妙にマッチしています。街の撮り方もカッコいいですね。

東京の現代的風景がクール!日本人にしてみれば灯台下暗し?

登場する場所は秋葉原、新宿アルタ前、上野アメ横、浅草、銀座・歌舞伎座、そして新装した赤レンガの東京駅など、現在の東京を代表する街並みが次々に登場します。決して神社仏閣巡りだけではない所が、この動画が外国人にもウケている理由かも知れません。本当に、最近の東京の街並みは地球上で唯一無二であり、外国人から見ると「COOL」らしいですね。

そして面白いのが、ワールドオーダーが踊っている姿を通行人が驚きながらも楽しそうに見守っていること。ゲリラ的に撮影したのか、東京の雑然とした日常感が上手く切り取られています。映画「ロストイン・トランスレーション」ではないけれど、東京の持つ「他人に対する無関心さ」「適当さ」、そしてそれ故の都市の「心地よさ」みたいなものが映り込んでいるように思います。

東京オリンピックへと向かう2013年の東京

動画の最後には「WELCOME to TOKYO OLYMPIC 2020」「Are we OK?」のメッセージが。今から7年後に迎える東京オリンピックは、例の「お・も・て・な・し」のキーワードにもあるように、日本人のホスピタリティが試される場となるでしょう。(そして実際、日本人の「おもてなし」熱は今後ヒートアップしそう)現在のところ「お・も・て・な・し」は日本国内の内輪向けの流行語という感じですが、2020年には「o-mo-te-na-shi」として世界に知られる言葉になるといいですね。

そして、外国人観光客を日本に惹き付ける武器として、東京の現代的風景は大きな威力を発揮すると思われます。われわれ日本人は、もっとこの狂った景観に自信をもってもいいのかも知れません(笑)。

関連記事
旅行者が選ぶアジアの人気観光都市  東京・京都がランクイン  首位はバンコク  日本国内観光地の順位も発表
外国人が選ぶ「クールな観光地」No.1は竹下通り 海遊館、道頓堀、大江戸温泉物語…意外なラインナップ

8月 292013
 

「住みたい街No.1」と言われる東京・吉祥寺の商店街で、来春から防犯カメラを倍増するそうです。対象となるのは今年二月に女性が強盗に殺された「大正通り商店会」や、「吉祥寺公園通り商店会」など。

商店会長などによると「仲間の中には防犯カメラを嫌がる人もいるが、自分たちの街は自分たちで守りたい。」(東京新聞記事より引用)とのことで、収集された情報の管理者を定め、住民のプライバシーを考慮した上での苦渋の導入のようです。新たに61台のカメラを新設し、合計135台のカメラで街を監視します。
吉祥寺 ハモニカ横丁
▲雑多な雰囲気の吉祥寺・ハモニカ横丁。様々な人が行き交い、外部からやってくる人が街に刺激を与え続けるのが、吉祥寺のいいところでもある。

二月の女性強盗殺人事件がきっかけ

今年二月深夜に起きた若い女性が被害者となった強盗刺殺事件は、吉祥寺を愛する人々の間で大きな衝撃となりました。特に事件現場が「北欧通り」などと言われる吉祥寺でも特にオシャレな一画だったので、「まさかあんな場所で」という驚きがありました。今回のカメラ増設も、この事件を受けてのこと。

僕も吉祥寺近郊に住んでいるので、事件後しばらくは重たい気持ちになりました。当時、夜帰宅する際にうっかり路上で女性と二人きりのシチュエーションになってしまうと、明らかに警戒されているのがわかるほど。街全体がピリピリしていました。

「自由」と「生活」のバランス

ここ十数年で吉祥寺もすっかりメジャーな街になり、外部からの流入者が大幅に増えました。それは街の大きな活力になると同時に、一定数の不届き者、素性の分からない人間も流入することを意味します。

特に吉祥寺は、渋谷から来る「京王井の頭線」と、新宿・多摩方面を貫く「JR中央線」がぶつかる地点にあり、多様な人々が集まりやすい場所でもあります。

元から住んでいる住人にとって防犯カメラの設置というのは、決して気分のいいものではないでしょう。かつて井の頭公園で自由に行われていた演奏活動やパフォーマンスが、騒音等の苦情により規制されたように、「街の自由さ」が住人の生活を脅かすこともあります。そこから逃げられない住民と、「旅の恥はかき捨て」的に振る舞ってしまう一部の来訪者と。商店街、住民、来訪者の三者が共存し合えるような、優しい吉祥寺であって欲しいものです。